• Clip to Evernote
  • Clip to Evernote

急性前立腺炎

急性前立腺炎は細菌類では主に大腸菌、菌類では性感染症を引き起こす淋菌、クラミジア・トリコマティス、膣トリコモナスなどが前立腺に感染して発症します。

症状

体全体
38~40℃以上の高熱が出る
食欲不振
下腹部に強い痛みがある
ペニス
排尿時に痛みがある
射精時に痛みがある
尿道
不快感や痛みを感じる
膿(うみ)が出る
肛門と睾丸の間
強い痛みがある
尿
頻尿である
残尿感がある
尿が出なくなってしまう
血液や膿(うみ)が混ざる

潜伏期間

特定できず

感染原因

  • 淋病、クラミジア、トリコモナス感染者との性行為
  • 不潔な手で陰部を触る、不潔な性行為
  • 結石や前立腺肥大症、尿道狭窄、糖尿病などの合併症
  • 前立腺がんの検査や診断のために行う尿道膀胱鏡検査や尿量測定用のカテーテル操作、前立腺生検などの検査や処置

対処・対策

基本的には細菌感染による炎症なので、尿検査を行い原因となる細菌を調べ、その細菌に有効な抗生剤を使用し治療します。

また、40度前後の高熱が出ていたり会陰部の痛みや歩行や座ることも難しいような重症の場合は、入院して治療することもあります。

尿量を増やし、菌を早く体外に排出するためにも、十分な水分補給も重要となります。

抗生剤の使用にて、通常数日~1週間くらいで症状は快方に向かいます。

放っておいても直らないので、早めに病院・クリニックへ行きましょう。

この後どうしますか?

投票結果

読み込み中 ... 読み込み中 ...