• Clip to Evernote
  • Clip to Evernote

成人T細胞白血病

成人T細胞白血病はT細胞と呼ばれるリンパ球がヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型という
ウイルスに侵されてガン化する白血病です。

ウイルスの感染力が弱い上に潜伏期間が長いのが特徴です。

日本人の約120万人が、このウイルスに感染しているといわれています。
発病率はきわめて低く、感染している人のうち発症するのは2000人に1人程度です。
今のところ、どのような人が発症するのかまだわかっていません。

症状

のど
咳(せき)がでる
痰(たん)がでる
便
ひどい下痢
便秘 *
痛みがある
腹水がたまる(お腹にある腹腔という隙間に水がたまる)*
体全体
発熱
リンパ節が腫れる
皮膚に赤い斑点ができる
皮膚にしこりがある
食欲不振 *
意識障害 *
黄疸(皮膚や粘膜が黄色くなる) *
足のむくみ *
日和見(ひよりみ)感染による諸症状

*は高カルシウム血症に伴っておこる症状です。
高カルシウム血症とは、血液中のカルシウム濃度が著しく高い状態にある場合をいいます。

潜伏期間

30~70年

感染原因

幼少時にヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型(HTLV‐1)に感染した母乳により感染します。
他の感染経路は性行為と血液による感染しかないです。
現在、輸血用血液の検査が導入されたため輸血による感染はないです。

発症に結びつくのは母乳からの感染と考えられています。
性行為による感染で症状がでるのはまれです。

  • 授乳
  • 性行為
  • 血液(輸血、注射器の使いまわし、臓器移植)

発症条件

感染者は沖縄県、鹿児島県、宮崎県、長崎県に多いとされています。
感染者の多くは発症することがなく生涯を終えます。
年齢が40歳以上で発症します。「成人」という名前の由来はここから来ています。
ちなみに発症がいちばん多くみられる年齢は60~70歳です。

年齢が40歳以上

対策

性行為にてウイルスの感染を防ぐためにも、予防としてコンドームを使うことが有効です。

治療・検査

感染者の約95%は一生涯に発症しないが、いったん発症すると治療が難しいと言われています。

発症した場合の治療としては、症状により、治療をしないで経過を観察、化学療法(抗がん剤治療)、
骨髄移植、などがありますが、主に化学療法を行います。

また、感染した人に対する治療法はこれといってありません。
発病した場合は重病なので早急に病院・クリニックへ行きましょう。

感染者と接触した恐れがあり、
自分に感染しているか不安な方

国認可の検査所で検査ができる
成人T細胞白血病の検査キットがあります。
身近な人に分からないようにコンビニ受取・ネットで検査確認ができます。

この後どうしますか?

投票結果

読み込み中 ... 読み込み中 ...