• Clip to Evernote
  • Clip to Evernote

クラミジア

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという病原体によって引き起こされます。
また性感染症の中でも感染率が最も高く、感染率も年々上昇している病気です。

特にクラミジアが感染しやすい理由として自覚症状がでにくいことが考えられます。
女性の80%、男性の50%が自覚症状がないと言われており、感染していることを
自覚しないまま性行為が行なわれることによってクラミジアの感染が広がっています。

クラミジアは非常に感染しやすく、クラミジア感染者との1回の性行為で
感染する確率は50%にもなります。

症状

尿道
水っぽい白いウミが出る
排尿時にしみるような軽い痛みがある
軽い痛みがある
軽いかゆみがある
軽い不快感がある
精巣
上体が腫(は)れる
痛みがある
射精時痛みがある
のど
痛みがある
腫(は)れる
痰(たん)が増える
体全体
熱がある

潜伏期間

1~3週間

感染原因

感染者との性行為・オーラルセックス・キスなどにより、のど・尿道の粘膜に感染します。

  • キス
  • 性行為
  • その他、類似の行為(オーラルセックスなど)

放っておくリスク

放っておくと尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎になることがあります。
また、クラミジアに感染していると他の性行為感染症やHIV感染率が飛躍的に高くなります。

男性は炎症のため精子ができにくくなり、最悪、無精子症になるおそれもあります。
女性は不妊症になる可能性があります。

対策

クラミジアは感染しても、約50%は何も症状がなく、感染を自覚しにくい病気です。
感染者が症状を自覚してない可能性があるので、こちらの予防策としてはコンドームを使用することです。

パートナーが一年以内に二回以上変わった場合は
クラミジアの検査キットなどで検査をすることをおすすめします。

治療方法

クラミジアの治療方法は、抗生物質の入った薬を飲むことです。
医師より処方された、抗生物質の入った薬を飲むことで1~2週間で完治できるといいます。

また、最近では薬に耐性を持った菌もあらわれていますので
医師が完治したと診断するまでしっかりと薬を飲むようにしてください。

クラミジアは早期発見・早期治療が大切です。
排尿時に異常を感じた場合、病院・クリニックですぐに診察を受けましょう。

この後どうしますか?

投票結果

読み込み中 ... 読み込み中 ...