• Clip to Evernote
  • Clip to Evernote

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することで、
陰けい・亀頭・陰のう・肛門・口唇・口腔内にイボをができる病気です。

ヒトパピローマウイルスは100種類以上あり、
そのうちの一部によって尖圭コンジローマが引き起こされます。

症状

陰けい・亀頭・陰のう・肛門・口唇・口腔内
白、ピンク色、黒っぽい茶色、黒色の乳頭状のイボができる
白、ピンク色、黒っぽい茶色、黒色のニワトリのトサカ状(カリフラワー状)のイボができる
かゆみがある ※自覚症状はないことが多いです
痛みがある ※自覚症状はないことが多いです

潜伏期間

3週間~8ヶ月(平均2.8ヶ月)

感染原因

性行為やサウナ、集団入浴などで、感染者との直接、間接的な接触で感染します。

  • 性行為
  • 集団入浴

※かゆみや痛みなどの自覚症状が無い場合が多く、いつ発病したか分からないことが多いです。
したがって、感染した時期や誰から感染したかを特定するのは難しいとされています。

対処・対策

感染者の多くは自覚症状はありがせんが、イボができている場合自然治癒することはあまりないため
受診・適切な治療をすることをおすすめします。(感染後、自分の持っている免疫によって初期の段階で
自然治癒することもあります。)

症状の進行は個人差がありますが、尖圭コンジローマをそのままにしておくと
イボが転移して拡大する場合があります。

また、尖圭コンジローマの原因は主に良性のヒトパピローマウイルスと言われていますが、
悪性のヒトパピローマウイルスが同時に見つかることがあります。
この悪性のヒトパピローマウイルスは陰茎がんを引き起こす可能性があります。
ひどくなる場合や不安がある場合は病院・クリニックへ行きましょう。

診察にて尖圭コンジローマと診断された場合、治療法は塗り薬による治療と外来または日帰り入院で
処置や手術をしてイボをとる治療があります。

治療によりイボを取り除いても、ウイルスが体内に残っており再発する可能性がある病気です。
適切な治療を根気よく受ける必要があります。

この後どうしますか?

投票結果

読み込み中 ... 読み込み中 ...