• Clip to Evernote
  • Clip to Evernote

梅毒(ばいどく)

症状

感染して約3週間後、軟性下疳の症状が出る。(第1期梅毒)

亀頭、カリ
小豆大のイボができる
イボが潰れ、潰瘍(かいよう)ができる
潰瘍により、ひどい痛みがある
太もも
付け根のリンパが腫れる
付け根のリンパに強い痛みがある

約3ヶ月後、(第2期梅毒)

円形脱毛症になる
顔面が麻痺する
痛みがある
体全体
熱がある
だるい
関節痛がある
ピンクの円形のあざができる
小豆ぐらいの発疹(ほっしん)ができる
リンパ節が腫れる

約3年から10年後、(第3期梅毒)

痛みがある
体全体
めまいがする
ゴムのような硬いしこりができる

約10年以降、(第4期梅毒)

物忘れが激しくなる(認知障害)
錯乱する
手、足
感覚がなくなる(神経麻痺)
体全体
関節炎
血液が流れにくくなる

感染原因

感染者との直接的な接触により、病原菌が粘膜部分の傷口から進入して感染する。

  • 性行為
  • 母体

対処・対策

現在では治療法があるので第3期、第4期梅毒まで病状が悪化することはまれです。
放っておくことで死に至る病気ですので、症状を見つけたら、
病院・クリニックへ行きましょう。

感染者と接触した恐れがあり、
自分に感染しているか不安な方

国認可の検査所で検査ができる
梅毒の性病検査キットがあります。
身近な人に分からないようにコンビニ受取・ネットで検査確認ができます

この後どうしますか?

投票結果

読み込み中 ... 読み込み中 ...