性病(梅毒)の治療法

性病(梅毒)の治療法

性病として古くから人々に知られてきたのが、梅毒です。

梅毒トレポネーマという菌に感染することで発症し、潜伏期間を経て、症状が進行してゆきます。
梅毒は、菌自体は非常に弱く、抗生物質で死滅させる事ができます。

ペニシリンなどが主な治療薬として知られており、昔は不治の病として恐れられていたものの、今では簡単に治療できます。梅毒は感染してもすぐに検査で陽性反応がでないので、その間に感染者を増やしてしまう可能性があります。

性器に普段と違う分泌物や傷、発疹などが見られたときは、早めに医療機関で検査を受けることで、他人への感染を予防することが出来ます。


<< 性病の治療法

Clip to Evernote
短縮URL: